住まいが災害などで被害を受けたとき最初にすること

熊野市の市章 

《被害状況を写真で記録しましょう》
 市では、住まいが災害などで被害を受けたとき罹災証明書の交付を行っています。
 交付にあたり、市役所職員による被害認定調査が行われますが、その前に建物の修理、片付けをしてしまうと調査が困難となってしまいます。
 調査をスムーズに進めるために、建物を修理したり片付けたりする前に、被害状況が確認できる写真を撮影し、保存しておくようにお願いします。
 この写真は、被害認定調査の他にも、保険会社に損害保険を請求する際などに役立ちます。

《被害状況の撮影方法》
写真を撮る際は、「引き」と「寄り」の写真を撮影してください。

家の外を撮影する場合
・なるべく4方向から撮影する。
・浸水した場合は、深さがわかるように撮影する。

家の外を撮影する場合イメージ

家の中を撮影する場合
・被害を受けた部屋・箇所は全て撮影してください。
・被災した部屋ごとに全景を撮影する。
・被害を受けた箇所の「寄り」の写真を撮影する。

家の中を撮影する場合イメージ

住まいが被害を受けた時に最初にすることリーフレット(PDF_227KB)

ホームに戻る