協 議 会 規 約 ・ 規 程 ・ 要 綱

熊野市・紀和町合併協議会業務補助員の雇用に関する要綱

(目的)

第1条 この要綱は、熊野市・紀和町合併協議会(以下「協議会」という。)に雇用される業務補助員(以下「業務補助員」という。)の勤務条件等に関して、必要な事項を定めることを目的とする。

(任免)

第2条 業務補助員の任免は、協議会会長が行う。

(業務補助員の業務)

 第3条 業務補助員は、協議会事務局の事務局長、グループリーダーの指示により、協議会の事務局運営に必要な事務を行うものとする。

(勤務時間等)

第4条 業務補助員の勤務時間は、午前8時30分から午後5時15分までとする。

2 前項のほか、事務局長が必要と認めるときは、時間外勤務を命ずることができる。

3 業務補助員に対して、別表1に定める基準にしたがって年間10日以内の有給休暇を与えることができる。

(賃金)

第5条 業務補助員の賃金は、日額5,910円とする。

2 前条第2項に定める時間外勤務をしたときは、時間外手当を支給する。

3 業務補助員が良好に勤務した場合、別表2に定める基準に従って6月及び12月に特別賃金を支給することができる。

(通勤手当)

第6条 業務補助員の通勤手当は、別表3「通勤手当支給額表」に定める基準に従って支給することができる。

 (支給日)

第7条 第5条第1項及び第2項並びに前条に定める通勤手当等は、1ヶ月分を翌月10日に支給する。

2 第5条第3項に定める特別賃金は、6月30日及び12月10日に支給する。

3 賃金等の支給日及び特別賃金の支給日が休日の場合は、その日の前において最も近い休日でない日を支給日とする。

(服務)

第8条 業務補助員の服務は、事務局の所在する市又は町の例によるものとする。

 (補則)

第9条 業務補助員の雇用に関し、この要綱に定めのない事項は、事務局の所在する市又は町の例によるものとする。

   附 則

この要綱は、平成16年10月25日から施行する。

別表1(第4条第3項関係)

雇用された月から12月までの月数

有給休暇の日数

11月から12月

10日

9月から10月

8日

7月から 8月

6日

5月から 6月

5日

3月から 4月

3日

1月から 2月

1日

1 有給休暇は、6ヶ月以上の雇用が見込まれ、雇用された月から12月までの月数により本表記載の日数を付与する。

2 有給休暇は、1日、半日、又は時間を単位として付与することができる。

3 有給休暇のうち、その年に与えなかった日数については、これを翌年に限り繰越し与えることができる。

別表(第条第3項関係)

勤務期間

特別賃金の額

1ヶ月

日額の 3倍

2ヶ月

日額の 5倍

3ヶ月

日額の 8倍

4ヶ月

日額の10倍

5ヶ月

日額の13倍

6ヶ月

日額の15倍

7ヶ月

日額の18倍

8ヶ月

日額の20倍

9ヶ月

日額の23倍

10ヶ月

日額の25倍

11ヶ月

日額の28倍

12ヶ月

日額の30倍

1 勤務期間の基準日は6月1日及び12月1日とする。

2 勤務期間は、基準日前の12ヶ月を調査し、1ヶ月の勤務日数が8割以上の月を対象とする。ただし、会長が特に認める場合においてはこの限りでない。

別表3(第6条関係)

通 勤 手 当 支 給 額 表

通勤距離

21日以上の場合の月額単価

1日未満の場合の日額単価

2km〜5km未満

2,600

120

5km〜10km未満

4,300

200

10km〜15km未満

8,200

390

15km〜20km未満

11,000

520

20km〜25km未満

12,000

570

25km〜30km未満

13,700

650

30km〜35km未満

16,100

760

35km〜40km未満

18,500

880

40km以上

20,900

990



[規約・規程・要綱一覧へ] / [このページの先頭へ]


熊野市・紀和町合併協議会