協 議 会 規 約 ・ 規 程 ・ 要 綱

     熊野市・紀和町合併協議会事務局規程

(趣旨)

第1条    この規程は、熊野市・紀和町合併協議会規約第13条第3項の規定に基づき、熊野市・紀和町合併協議会(以下「協議会」という。)の事務局に関し、必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条   協議会の事務局(以下「事務局」という。)は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 協議会の会議に関する事項

(2) 協議会の協議資料の作成に関する事項

(3) 協議会の庶務に関する事項

(4) その他協議会の運営に関し必要な事項

(組織及び事務分掌)

第3条  前条各号に掲げる事務を処理するため、事務局に総務グループ、計画グループ、調整グループを置く。

 2 各グループの事務分掌は、別表第1のとおりとする。

(職員等)

第4条  事務局に事務局長、グループリーダーその他必要な職員を置く。

 2 事務局長は、協議会の会長(以下「会長」という。)が任命する。

(職員の職務)

第5条   事務局長は、会長の命を受け、事務局の事務を統括する。

2 グループリーダーは、事務局長を補佐し、事務局長に事故あるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。

3 グループリーダーは、事務局長の指揮監督を受け、次に掲げる職務を行う。

(1) 分掌する事務の統括管理

(2) 所属職員の指揮監督

(決裁)

第6条   会長が決裁する事項は、次のとおりとする。

(1) 協議会の運営に関する基本方針の決定

(2) 協議会に提案する議案の決定

(3) 協議会の予算及び決算

(4) 規程及び要領等の制定改廃

(5) その他特に事務局長が重要と判断する事項

(専決事項)

第7条   事務局長は、次に掲げる事項を専決することができる。

(1) 物品の購入その他契約の締結に関すること。

(2) 物品及び現金の出納に関すること。

(3) 職員の休暇及び時間外勤務命令並びに出張命令に関すること。

(4) その他軽易な事項に関すること。

(公印)

第8条   協議会の公印は、会長印とし、公印名、形式、書体、寸法、使用区分、公印取扱責任者及び個数は、別表第2のとおりとする。

 2 協議会の公印の取扱い等については、会長の属する市又は町の例による。

(文書等の取扱い)

第9条   事務局における文書の取扱いについては、会長の属する市又は町の例による。

 2 協議会の発送文書の文書記号は、「熊紀第○○号」とする。

(職員の服務等)

第10条 事務局の職員(以下「職員」という。)の服務及び勤務時間その他の勤務条件については、それぞれの職員が属する市町等の事務従事の 例によるものとする。

 2 業務補助員の服務及び勤務時間その他勤務条件は、会長が別に定める。

(職員の給与等)

 第11条 職員の給与等については、それぞれの職員が属する市町等が負担する。

 2 職員の旅費については、会長の属する市又は町の例により、協議会が支給する。

3 業務補助員の旅費については、会長の属する市又は町の例により、協議会が支給する。

4 業務補助員の賃金、時間外勤務手当、通勤手当及びその他諸手当については、協議会が支給する。

(補則)

 第12条 この規程に定めるもののほか、事務局に関し必要な事項は、会長が別に定める。

 附 則

この規程は、平成16年10月25日から施行する。

別表第1(第3条関係)

班  名

分  掌  す  る 事  務

総務グループ

庶務及び会計に関すること

協議会予算に関すること

協議会、幹事会の会議に関すること

協議会の広報及び広聴に関すること

国及び三重県との連絡調整に関すること

合併に関する資料の編さん及び調整等に関すること

その他、他のグループに属さないこと

計画グループ

新市建設計画に関すること

財政計画に関すること

その他計画に関すること

調整グループ

協定項目の調整に関すること

電算統合作業及び例規整備作業の調整に関すること

給与等一元化作業の調整に関すること

専門部会に関すること

新市の組織等の調整に関すること

一部事務組合の取扱い調整に関すること

協議会提案議案の調整に関すること

その他事務事業調整に関すること



















































別表第2(第8条関係)

公印名

形 式

書 体

寸 法

使用区分

公印取扱責任者

個数

会 長印

れい書

方21

o

会長名をもって発する文書

事務局長

 

 


[規約・規程・要綱一覧へ] / [このページの先頭へ]



熊野市・紀和町合併協議会