協 議 会 規 約 ・ 規 程 ・ 要 綱

熊野市・紀和町合併協議会新市建設計画策定委員会規程

(趣旨)

第1条  この規程は、熊野市・紀和町合併協議会規約第10条第2項の規定に基づき、熊野市・紀和町合併協議会(以下「協議会」という。)の新市建設計画策定委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し、必要な事項を定める。

(所掌事務)

第2条  委員会は、新市建設計画策定に関し、調査、検討等を行い、新市建設計画書原案を作成し協議会に報告する。

(組織)

第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

(委員長及び副委員長)

 第4条 委員会に、委員長1名、副委員長1名を置く。

 2 委員長及び副委員長は、委員の互選により定める。

 3 委員長は、委員会の事務を総理し、委員会を代表する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときはその職務を代理する。

(委員)

 第5条 委員は、次に掲げる者のうち協議会を構成する市及び町の長が選任する。

(1) 協議会を構成する市及び町の住民

(2) 協議会を構成する市及び町の職員

2 前項の委員は、協議会の会長が委嘱する。

(助言者)

 第6条 委員会に助言者を置くことができる。

 2 助言者は、委員会の会議(以下「会議」という。)に出席し、意見を述べることができる。

(会議)

 第7条 会議は、委員長が必要に応じ招集する。

 2 会議は、在任委員の半数以上の出席がなければこれを開くことができない。

 3 会議の議長は、委員長がこれに当たる。

4 委員長は、必要に応じて協議会を構成する市及び町の職員等委員以外の者を会議に出席させ、説明又は意見等を求めることができる。

(作業部会)

第8条 委員会は、新市建設計画の基本計画について調査、検討作業等を行うため、作業部会を置くことができる。

 2 作業部会は、協議会を構成する市及び町の職員で組織する。

(会議の傍聴)

第9条 会議の傍聴については、熊野市・紀和町合併協議会会議傍聴要綱の例による。

(報酬及び費用弁償)

 第10条 委員会の委員長、副委員長及び委員の報酬及び費用弁償については、熊野市・紀和町合併協議会の委員等の報酬及び費用弁償に関する規程の例による。

 2 助言者の報酬及び費用弁償については、協議会の会長が別に定める。

(庶務)

第11条 委員会の庶務は、協議会の事務局において処理する。

(補則)

第12条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、協議会の会長が別に定める。

 附 則

この規程は、平成16年10月25日から施行する。


[規約・規程・要綱一覧へ] / [このページの先頭へ]



熊野市・紀和町合併協議会