8 地方税の取扱い

 市町村民税、固定資産税等で合併前の市町村で税目、税率に違いがある場合、合併特例法では、合併後直ちに均一の課税をすることが、かえって合併市町村の住民の負担にとって均衡を欠くと認められる場合に、5年間は不均一の課税をすることができると定められており、その取扱いについて協議する必要がある。