24 新市建設計画

 新市建設計画は、合併に際し、住民に対して合併後のまちづくりに関するビジョンを示し、これによって合併の適否を判断するという、いわば新市のマスタープランとしての役割を果たすもの。

 また、新市建設計画を基礎としてさまざまな財政措置が講じられることになっており、計画の策定にあたっては、合併特例法で、新市の建設を総合的かつ効果的に推進することを目的とし、新市の一体性の速やかな確立及び住民の福祉の向上等を図るとともに、新市の均衡ある発展に資するよう適切に配慮されなければならない、とされている。