令和2年熊野大花火大会中止について

熊野市の市章 

 令和2年8月17日(月曜日)に開催を予定しておりました「熊野大花火大会」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止することを決定しました。

 新型コロナウイルス感染症が全国に拡大しており、当初は7都府県に発出されておりました「緊急事態宣言」も、4月16日にその区域を全国に拡大されました。

 このような状況の変化と収束時期が予測できないこと、また来場者及び関係者の健康と安全確保を第一として、令和2年の開催を中止といたしました。

 本大会は、例年地元の皆様はもとより各地の企業様からの多大なご協賛により支えていただき運営しておりますが、本年においてはご協賛の募集等も中止とさせて頂きます。

 平素より、ご支援ご協力いただいております関係者の皆様、楽しみにされていた皆様におかれましては、中止の判断に至った事について誠に申し訳ございませんが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 なお、熊野大花火大会は、毎年旧盆明けの8月17日に開催しておりますが、これは初精霊供養を兼ねて灯篭焼きや追善の仕掛け花火を行っているためです。熊野大花火大会は中止といたしますが、初精霊供養を兼ねての灯篭焼き、追善の仕掛け花火については、例年とは異なる形であっても、何らかの形で実施することを、実行委員会、関係団体と協議、検討していきます。

一日も早く収束し、来年は多くの方に来場して頂き楽しんでいただけるような花火大会にするため実行委員一同力を合わせていく所存です。

 今後とも、皆様のご協力とご支援を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

熊野大花火大会本部長
熊野市長 河上 敢二

熊野大花火大会実行委員長
熊野市観光協会長 中平 孝之

ホームに戻る