県外で受けた妊婦健康診査の費用を補助します

 

 妊婦健康診査(指定の検査項目)の補助回数は14回となっています。補助で妊婦健康診査が受けられる医療機関は、県内と新宮市内の産婦人科です。
 その他の医療機関で受ける場合は、一旦全額を負担していただきますが、申請により市で一部費用を補助しています。


【対象者】

 熊野市に住所があり、市が発行する母子保健のしおりにより、県内と新宮市以外の医療機関で妊婦一般健康診査を受けた妊婦
※なお、母子保健のしおりは県内統一様式のため、県内からの転入の方はそのまま使用可能です。

【補助額】

 補助金の額は、妊婦一般健康診査費用として医療機関に支払った額です。
 ただし、使用した回に含まれる健診内容であること、及びその回の定める額を上限とします。

【手続きの流れ】

①県外の医療機関で妊婦健康診査を受診した際、医療機関で母子保健のしおり(妊婦一般健康診査結果票)を記入してもらってください
 また、領収書(妊婦健康診査費用と分かるもの)をもらってください

②次の書類を持参して、健康・長寿課へ申請してください
・申請書
・医療機関で記入した母子保健のしおり(妊婦一般健康診査結果票〔A〕〔B〕)
・医療機関発行の領収書の写し<健康・長寿課でコピーさせていただきます>
・印鑑
・妊婦本人名義の銀行口座が分かるもの
(妊婦本人以外の口座に入金を希望される場合は委任状が必要になりますので、お問い合せください)

③後日、市から指定の銀行口座に振込みます

※受診した日から1年以内に申請してください


検査項目と補助金限度額などの詳細

以下をご確認ください

チラシ(平成31年度しおり分)(PDF 19KB)
申請書(平成31年度しおり分)(PDF 14KB)

チラシ(平成30年度しおり分)(PDF 19KB)
申請書(平成30年度しおり分)(PDF 14KB)


【窓口・お問合せ先】

健康・長寿課 保健予防第1係
(熊野市保健福祉センター内)
電話:0597-89-3113

ホームに戻る