医療費の抑制に御協力ください

 健診がきっかけで体に異常が見つかっても、早期に治療を開始すれば、症状の改善や重症化を抑えることができる可能性が高くなります。

 また、年1回でも健診を受けることで、体の変化が把握できます。予防や早期の治療等で家計が負担する医療費も抑えることができます。全体の医療費が増加して、熊野市の国民健康保険財政を圧迫すると、保険税の引き上げにもつながりかねません。

 集団健診で特定健診とがん検診を受けた場合、健診にかかる時間は、「1年365日のうち、たった半日」です。1年のうちの半日を、未来のために使ってみませんか?


みまもり

次のページへ
TOPへ