地域おこし協力隊(集落型)を募集

 

 熊野市紀和町の山間部に位置する上川(じょうせん)地区は、人口135人、高齢化率65%を超える限界集落となっています。
 上川地区の中にある小船(こぶね)地区は人口10人で高齢化率80%と過疎高齢化する中で、自主的なまちづくり活動や地域おこし協力隊の受け入れには積極的で、地域おこし協力隊と一緒に前向きに集落の維持活性化を頑張っていきたいという熱意があります。
 小船地区では特産品である「梅」の生産に熱意を持ち、栽培技術を習得して、地区に整備している加工所を活用した梅の加工及び販売の実証、休耕地を活用した農産物の生産などを行いながら、将来的に梅の園地を承継して地域の維持活性化を行ってもらえる方を募集します。

【募集人数】 1名

【業務内容】
 ・梅の栽培技術習得及び承継に関すること
 ・梅の試験加工・販売に関すること
 ・農産物生産に関すること
 ・集落の維持活性化に関すること
 ・移住交流に関すること
 ・協力隊の任期後の定住につながる活動

【給与・賃金】
 日額10,000円

【勤務地域】
 熊野市紀和町小船地区

【勤務日及び勤務時間】
 原則平日、8時30分~17時15分まで
 土日勤務がある場合は代休等で対応

【申込受付期間】
 7月5日(金曜日)まで
<窓口受付>
 土曜日、日曜日、祝日を除く、午前8時30分から午後5時15分まで
<郵送受付>
 当日必着有効

募集条件などの詳細は
募集要領(PDF 23KB)を確認ください。

小船地区集落写真
小船集落
小船梅まつり写真 
小船梅まつり

ホームに戻る