地域おこし協力隊(木工職人担い手)を募集します

 

 熊野市は森林面積が市区域面積全体の約88%となっており、県下でも有数の林業地域です。
 林業の仕事は森林整備や木材の製材・加工・販売だけでなく、木工職人による家具や建具、指物などの制作や販売等で生計を立てている方もいます。
 しかし、近年は人口減少等で林業産業が衰退しており、特に木工職人については後継者がいないなど、技術の伝承や後継者の育成等が課題となっています。
 熊野市ではその貴重な木工職人の技術伝承を目的に、将来的には木工職人として独立し地域の林業振興に貢献してもらえる方を募集します。

【募集人数】 1名

【業務内容】
 ・木工職人の技術習得及び承継に関すること
 ・木工品の試験加工・販売に関すること
 ・協力隊の任期後の定住につながる活動
 ・その他林業振興に関する活動

【給与・賃金】
 日額10,000円(概ね20万円/月)

【勤務地域】
 熊野市神川町地内を想定

【勤務日及び勤務時間】
 原則平日、8時30分~17時15分まで
土日勤務がある場合は代休等で対応

【申込受付期間】
 令和元年6月21日(金曜日)まで
<窓口受付>
 土曜日、日曜日、祝日を除く、午前8時30分から午後5時15分まで
<郵送受付>
 当日必着有効

募集条件などの詳細は
募集要領(PDF 110KB)を確認ください。

ホームに戻る