○熊野市立公民館管理規則

平成17年11月1日

教育委員会規則第19号

(趣旨)

第1条 この規則は、熊野市立公民館条例(平成17年熊野市条例第154号。以下「条例」という。)第13条の規定に基づき、熊野市立公民館(以下「公民館」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 条例第2条に規定する公民館は、当該対象区内の住民に対し、社会教育法(昭和24年法律第207号)第22条に規定する事業(以下「事業」という。)を行う。

2 条例第3条に規定する分館は、それぞれの対象区域内の住民に対し、その地域の実情に即した事業を行うものとする。

(職員の職務)

第3条 公民館の職員の職務は、次に定めるところによる。

(1) 公民館長(以下「館長」という。)は、公民館の行う事業の企画、実施及び公民館の事務を総括し、所属職員を指揮監督する。

(2) 主事は、事業の計画及び実施に当たる。

(3) その他の職員は、上司の命を受けて業務に従事する。

(定期講座)

第4条 公民館が開設する定期講座を受講しようとする者は、館長の許可を受けなければならない。

2 館長は、前項に規定する定期講座修了の認定を行い、定期講座修了証書を受講者に授与することができる。

(報告)

第5条 館長は、各月の事業計画及びその実施状況を熊野市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に報告しなければならない。

(使用許可の申請)

第6条 公民館又は分館の施設若しくは設備を使用しようとする者は、使用希望日の7日以前に公民館(分館)使用許可申請書(様式第1号)を当該公民館又は分館に提出しなければならない。ただし、教育委員会が認めた場合は、この限りではない。

(使用の許可)

第7条 教育委員会は、前条の申請書により使用を許可したときは、公民館使用許可書(様式第2号)を申請者に交付する。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の熊野市立公民館管理規則(昭和62年熊野市教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

熊野市立公民館管理規則

平成17年11月1日 教育委員会規則第19号

(平成17年11月1日施行)