○熊野市文化財保護管理規則

平成17年11月1日

教育委員会規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、熊野市文化財保護条例(平成17年熊野市条例第158号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(指定申請書)

第2条 条例第4条の規定により文化財指定を受けようとする者は、熊野市文化財指定申請書(様式第1号)を熊野市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

(所有者変更)

第3条 条例第7条の規定により所有者の変更した場合は、10日以内に熊野市指定文化財所有者変更届出書(様式第2号)を教育委員会に提出しなければならない。

(滅失等届)

第4条 条例第8条の規定により文化財の滅失損傷等の場合は、熊野市指定有形文化財滅失(損傷、亡失、盗難)届(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。

(修理届)

第5条 条例第12条の規定により文化財の修理をしようとする場合は、熊野市指定文化財修理届出書(様式第4号)を教育委員会に提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の紀和町文化財保護管理に関する規則(昭和60年紀和町教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

熊野市文化財保護管理規則

平成17年11月1日 教育委員会規則第23号

(平成17年11月1日施行)